読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
K・J・WORKS 山内の日々あれこれ。

豊能で火入れ式。

先月、豊能町で設置させていただいた、JOTUL F602の火入れ式にお邪魔してきました。

今回の火入れ式は、家を建てられた工務店さんの会長さんも駆けつけられてご見学。

 

温める空間が大きくないので、コンパクトなF602はピッタリサイズ。

 

f:id:no4show:20140511104421j:plain

1938年発売の、F602は世界で累計200万台の販売実績を誇ります。

ノルウェーの人々を温めてきたこのストーブは、側面に国章であるノルウェーライオンのレリーフが入っています。

現行モデルの燃焼方式は、クリーンバーンになっており、ストレスなく炎が立ち上がりました。

f:id:no4show:20140511105031j:plain

ほどなく、ストーブの温度は200度を超え、輻射熱が部屋に広がります。

いつもなら、ご飯の時間でじっとしていないこの子も、今夜は輻射熱にあたって熟睡していました。

ストーブの気持ち良い暖かさに、お客様も驚かれていました。

 

薪ストーブ料理などにも挑戦したいご様子。

豊かな薪ストーブライフをお楽しみください!