読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
K・J・WORKS 山内の日々あれこれ。

古民家の小屋裏。

通常の古い日本家屋は、平屋であり、屋根裏は物置などあまり居住スペースとして使われません。

 

このお家は、もともと2階に部屋がありましたが、構造体はすべて隠されていました。

 

f:id:no4show:20140404185010j:plain

 

今回は、屋根に断熱材を入れ、広い空間を確保。

さらに、採光用に窓を多く新設し、その光は新たに設けられた吹き抜けを通り、1Fまで届く設計です。

 

現在は、内装工事の真っ最中。

 

直線ではない、丸太梁に沿って丁寧に施工していただいています。